会社設立を夢見ているなら|実現させるための計画を立てよう

お店を回すには

店舗

調理人と運営者は別

飲食店では、調理長兼経営者という人がいますが、これは本当に大変なことだと思います。本当に一人、二人でする小さなお店ならそれで成り立ちますが、大きい店になってくるとかなり難しくなってきます。下手をすると、お店が潰れてしまうことも多々あります。やはり飲食店業界では、料理長は料理を作るのを専門に、経営者は会社経営をしたほうが効率もよく上手く立ち回れます。中には、ずば抜けて仕事のできる人もいますが、これから飲食店で会社設立したいという人がいれば、料理を作る人は作る人、経営をする人はする人で分けるのをおすすめします。やはり、料理人はすごく料理のことを考えるだけで大変です。新しい料理の考案や、その新しい作った料理の試作、味見、それに対してのどれくらいかかったかという原価計算や、見積り、それに見合う器選び等やることが沢山ありすぎて経営していくまでの余裕がありません。経営者は経営者で、沢山やることがあります。色々な方とのご挨拶、付き合いや、会社の運営、運搬業務、社員やパートの管理や、シフト作成等々、やることが沢山あります。やはり、飲食店で経営をするならば今説明した二つを一人でやるということはかなりの至難の技であり、大変なことだということです。これからの飲食店業界は生き残っていくには、きちんと自分の仕事をおろそかにせず経営者は会社の運営を、料理人は料理の仕事をしていくことが、飲食店業界でうまくやっていく秘訣ではないかと思います。