HOME>Column>借地権を上手に活用するにはどうすべき?注意点を把握

借地権を上手に活用するにはどうすべき?注意点を把握

スーツの人

借地権とはいったい何?

親族や身内、他人を問わず、とにかく人から土地を借りてそれを利用する際には、借りた借主本人には土地を借りる、あるいは借りている権利である「借地権」が、その土地の引き渡しの時点で発生します。つまり、ただ単に何もしないで土地を借りるというだけでは無くて、その所有者である貸主(地主)本人にその土地を巡る事で何らかの損害を与えたりする事が無いよう、善管注意義務を負うという意味もこれにはあります。このくらいに実は、幾ら有償・無償での如何に関わらず、他人から土地を借りるという現実には厳しい実態がある事になります。こうした以上の基本的な借地権を巡る知識を理解しながら、その借りた土地を借主本人である方は利用をしていかなくてはなりません。

土地

トラブル回避のため相談は必須

他人から土地を借りる事ですので、その借地を巡って、様々な問題や課題が生じたりするような事態も、大いに考えられます。そんな事態をなるだけ避けるためにも、借地引き渡しの前後において、地主である貸主の方や土地を扱う不動産業者との、話し合いや相談をしておく事はとても重要です。このような配慮を行うだけでもかなり、しない場合やケースなどとは状況がかなり違ってきます。そして、そうしたトラブル回避のための相談をする際には、必ず借地に関してのあらゆる形からなる資料を用意をしたりした上で、のぞんでいく事が大事です。借地権を証明する借地登記や契約書類はもちろんの事、それだけではなくて借地を現時点で撮った写真や録画などをも提示しながら相談の話し合いをすれば、貸主側も必ず納得してくれますので、このような下準備は大変お勧めです。